私のことを覚えててくれる看護師さん。

今でも憧れ体験は強く残っています。看護師を目指す為に少し自分の看護師の憧れを書いてみました。。

 

炭酸

 

私は定期的に病院に通っています。その病院には私のことを覚えててくれる看護師さんがたくさんいます。その中でも私のことを下の名前で呼び、診察以外の時間でも話を聞いてくれる看護師さんがいます。

 

 

その人は私の名前や病名だけではなく、特徴も覚えててくれます。髪を切ったら気づいてくれて、とても嬉しい気持ちになります。私は先端恐怖症で注射や採血が大の苦手です。なので採血をする時は、注射針を見るだけで具合が悪くなります。看護師さんはそのことを分かってくれて、採血の時、安心させる言葉を言ってくれたり、横になって採血するよう事前に準備をしてくれます。

 

 

毎日たくさんの患者さんがいるのに、私のことを覚えててくれて、声もかけてくれて、病気で病院に行っているけど、心が晴れた気持ちで帰ってくることができます。これからも、看護師さんに会うために、同じ病院に行こうと思っています。そしていつか自分も憧れの看護師になる。

憧れたら忙しさなんて吹き飛ばす!!

長期入院して思ったことは、看護師さんたちは激務だなぁということでした。

 

朝の検温や採血、食事の配膳、お年寄りの食事の介護、さらに入浴の介護、ドクターとのミーティングや業務の引き継ぎ、さらに私の入っていた病棟ではプチ菜園まであって、そこの世話までしていました。さらに夜勤もあって、一日中ハードワークだなぁ……と思いました。

 

 

若い看護師さんはみなほっそりとしていましたが、それでも腕の筋肉はあるのを見ると、やっぱり体力がないと続かないお仕事だと思います。
なかには痴呆が入ってしまっている上に体の自由も利かないお年寄りの患者さんもいましたが、それでも腹を立てることもなく黙々とお世話をする姿には頭が下がります。やっぱり看護師さんは「天使」なのでしょう。

 

私の知り合いにも書いてもらいました!!!
私はあまり病院は行かない方ですが、この間4年ぶりにインフルエンザにかかってしまい近くの内科がある病院に行ってきました。
院内には若い方よりは年配の方ばかりが受け付けの前や診察室の前にある待合椅子に座っていました。
そこで一番印象に思ったのが看護師さんが年配方の身の上相談の相手になっていた事です。
憧れの看護師

 

最初は体調や病気の具合を聞いていたのですが、その後に世間話をするようになり看護師さんは話を途中で切ろうとはせずになだめたり、
アドバイスをしていたり5分くらい病気とは関係のない会話をていたのですが、話した後に年配の患者さんはとても安心していました。

 

その看護師さんは他の同じ年齢の患者さんにも、自ら最近の家庭環境や悩みがないかを聞いていたりして不満があれば話し相手になっていました。
でも私は年齢が若いので病気の事だけ伝えただけで世間話はなかったのでしっかりと時間配分はしているような感じでちょっと残念だったのですが、

 

看護師さんは病気に関係のある事だけをすれば良いのかと思っていたのですが、精神面などのケアもして患者さんを落ち着かせたりしているのですごい技術だと思いました。
患者さんと接する職業でもあるから、やはり病気の事以外にもメンタル面でのケアや話術も必要なのかなと私は感じてしまいました。

看護師だって婚活したい!

婚活の看護師率ってアップしてるの知っていますか?
男性にも非常に人気でしっかり稼いできてくれる看護師さんは安定していますし、
結婚確率も高まるみたいです。
最近はこういったfacebook婚活サイトなどで出会っています!
フェイスブックはテンション上がってしまいますよね!!

当サイトの目的 コンセプト

看護師さんにお世話になった経験から、いかに看護師の方が人々にありがとうを届ける事ができるのかという事を伝えるというテーマで運営しています。
実際に管理者の経験や、他の人の経験から、多角的に色んなケースをピックアップしたいと思っています。

 

また働いているナースや看護師さんの大変さも知っていますので、高収入や転職情報をお届けする形のサイト運営もしています。